1. 現在位置 :
  2. 海外引越しのエコノムーブジャパン トップ >
  3. 日本から海外 >
  4. セルフパック

セルフパック

セルフパック ドアツードア

セルフパックは家具等の大きなモノがない、2M程度までの小口の海外引越商品です。最小取扱容積1立方メートル、及び1.5立方メートル、最大取扱容積2立方メートル、3種類の価格設定となります。
日本では大きな外装カートンを弊社から準備しますので、このカートンの中にご自分でパックを進め、弊社からピックアップにお伺いするサービスです。現地でのサービスは、現地輸入通関を含み、 デリバリーは戸口前までの配達のみのサービスで、開梱及び梱包廃材の引き取りは含まれていません。

セルフパック ドアツーポート

上記セルフパックドアツードアから配達サービス、現地輸入通関を省略した一番簡素な海外引越し商品です。 現地での引き取りの為には、別途引取手数料を現地通貨でお支払い頂かなくてはなりません。 語学力に自身のある方、現地風土文化に慣れ親しんでいる方、旦那さま奥様が外国人の場合には、ドアツーポート方式をお奨めします。

日本から海外へのご引越しプランをまとめたサービス比較表のページもご参考ください。

セルフパック ドアツードアの流れ

1.空箱(外装カートン)の宅急便による配達

1Mの場合エコノムーブジャパンより外装カートン箱4個をお客様のご自宅までお届け致します。0.25M3サイズの外装カートンを4個お送りして1M3となります。カートンの配達は日曜祝日でも可能です。

ワンセットで1M3 カートンのサイズ(内寸)
矢印

2.ご自分でセルフパックを進める要領

専用の幅80mmの梱包用ガムテープを同梱しています。
この外装箱は積上げ耐圧1200kgにも耐えられる頑丈な肉厚10mmの箱で、何度も積替えされる海外引越には必須のツールです。小さいダンボール箱、エアーキャップ(プチプチ)等の梱包資材は含まれておりません。古新聞とか古着を緩衝用梱包資材として活用下さい。また、DIYショップ店、ホームセンター等で、安価でエアーキャップ(プチプチ)が購入できます。90cm×10メートルで約1000円-1500円程度。インナーカートンとして使用するダンボール箱はお客様でご準備下さい。送りたいものが上記の弊社標準の箱で納まらない場合には弊社にそのサイズをご連絡頂ければ、お客様の必要とする特殊サイズの箱をご用意できます(別途費用3000-5000円が必要)。

矢印

3.英文インベントリーリストの作成

空箱送付時とは別便(郵送)で送られるセルフパック用英文商品目録(インベントリーリスト)はお客様で作成下さい。作り方は簡単です。(作り方サンプルはこちらを参照) 適当な品名に丸印をつけ、あとは個数と金額を入れてくださればOKです。適当な品名が見当たらない場合にはetcに丸印をつけ、空欄に適当な品名を英語で読みやすく記入して下さい。(良く使われる品名の和英対比表はこちらをクリックして参考として下さい。)

矢印

4.オーダーフォームの完成

空箱に同封されているオーダーフォームに必要事項を埋めてください。
なお、Emailオーダーフォームにて既にご連絡頂いている場合にはこのオーダーフォームの提出は不要です。(オーダーフォームは英文版のみ準備させていただいております。悪しからずご了承下さい。)

矢印

5.他に必要な書類の準備

書類の準備を下記2種類お願いします。(日本側の輸出通関で必要となります)

  1. パスポート顔写真ページのコピー
  2. ビザ査証ページのコピー又はワークパーミット許可証のコピー
  3. 旅行会社の発行するフライトスケジュールと貴方の名前が入った旅程書コピー(又は、Eチケットのプリントアウト資料でも可)
矢印

6.エコノミープラン保険の申し込み

空箱に同封されている保険の申込書に必要事項、保険でカバーする金額を記入下さい。セルフパック専用の保険は、保険求償範囲がごく狭く、傷、ダメージ等のクレームには対応できません。本船が、座礁したり、沈没した場合にのみ保険求償が行われます。但し保険料率は業界でも最も低い0.5%となっています。保険をかける必要が無ければもちろん申込書は不要です。

矢印

7.一連の書類は弊社書類まで荷物とは別便で送付

別便郵送で送っている資料に同封されている切手付き返信用封筒を使い、上記3、4、5、6で準備した書類を弊社事務所まで郵送してください(引き取りドライバーには渡さないでください)。できれば梱包カートンの引取日と同日に弊社事務所へ到着するように投函お願いします。 (間に合わなければ、一旦FAXでお送りいただき、原本を郵送してください)
書類の到着が遅れますと船の予約が遅れてしまいます。(カートンを引取りに来るドライバーに渡さないで郵送してください)

矢印

8.外装梱包の完成のさせ方の諸注意です

お客様ご自身の責任で下記点に注意の上ご自分の荷物の梱包をして下さい。

  1. スプレーに入ったものは送る事が出来ません。
  2. 禁輸品リストにあるものは送る事が出来ません。
  3. 外装梱包箱が膨れてしまうほど詰めこまないで下さい。中の物が破損しても、保険では求償できません。膨れるほど詰めこみますと破損が発生する可能性が高くなります。
  4. 同梱の専用パッキングテープを全部使い切り、下の絵にある通り、上面3方向、底面 3方向をきっちりとテープ止めしてください。
  5. 引越荷物を送る場合には1カートンの上限重量制限を60kgとしています。外装カートン1個(0.25M3)が二人で運べる範囲の重量設定としています。
  6. 弊社のピックアップサービスは沖縄を除く全国でのサービスが可能ですが、ドライバー1 名でお客様の家まで取りに伺います。お客様にお手伝いしてもらわなければトラックの上に乗せることが来ませんのでご協力をお願いします。
    また、エレベーター無しの2階以上にお住まいの場合には、荷物引渡場所は1階になります。
    お客様のお住まいがアパートまたはマンションの2階以上で、且つエレベーターが 無い場合には、場合によっては梱包作業を1階で行うか、またはカートンを降ろすときにお友達知り合い等にヘルプを求めることが必要になりますことご了承ください。
  7. ケースマークシール(別便郵送分)を上図の通り箱の両サイドに貼りつけてください。1Mの場合、4ヶ口になりますので、1/4,2/4,3/4,4/4をそれぞれ2枚別途郵送で用意します。
矢印

9.お支払いは銀行振り込みでお願いいたします。

見積書に記載された指定銀行口座に引越代金をお振込み下さい。
お振込みはカートン到着ボリューム確認後、カートン引取日の前日迄にお願いします。
入金を確認後集荷手配を進めさせていただきます。

矢印

10.最終の集荷作業

荷物の準備ができたら、引取に伺いします。ピックアップの時間帯は<午後12時から6時>の間です。日曜日、祝日の集荷サービスは残念ですがお受けできていません。午前中の引き取り手配は難しいので、午後の時間帯で集荷を進めることになりますので、ご承知置きください。
以上でお客様の日本側で必要な作業は完了します。その後、弊社で輸出通関、船積作業を進めます。ドアツーポートの場合引越し関連書類はEmailと郵送にて現地連絡先に送られ、こちらで弊社のサービスは終了します。
ドアツードアの場合には引越し関連書類は配達サービスさせて頂く引越代理店に送られます(ドアツードアの場合)。
現地で受取の為に必要な書類でお客様にご用意いただく必要のある書類は:

  1. パスポートコピー(顔写真のページ)
  2. ビザページのコピー
  3. 入国時、入国管理でLandingスタンプ(上陸スタンプ)の押されたページのコピー

等です。

現地引越代理店より連絡が入りますので必要書類の提出を進めるとともに配達受取日を調整してください。
言葉の問題がある場合にはEmail、FAX又は電話等でエコノムーブジャパンまでご連絡下さい。日本から言語サポートします。

日本から海外
ブックマーク
このページに言及している他のブログ記事 - トラックバック(0)

このページのトラックバックURL: