1. 現在位置 :
  2. 海外引越しのエコノムーブジャパン トップ >
  3. 4-1 米国での検査による遅れ

4-1 米国での検査による遅れ

米国では9.11のテロ以来、引越し荷物の検査が厳しくなってきています。毎回検査するわけではないのですが、検査特別強化期間なるものが存在することがあり、この期間と重なる場合8割ぐらいの確率で検査となします。こちらの検査があると、X-Ray検査がある場合、追加料金(USD30-100程度)も必要ですが、荷物の配達も約1週間ほど遅れてしまいます。

X-Ray検査ではなく、運悪くIntensive検査があった場合、一品一品全数開梱となり、場合によってはコンピューターの送信ファイル受信ファイルをチェックされることまであります。このような場合さらに追加料金(USD1500-2000程度)が必要となり配達も2週間ほど通常よりも遅れてしまいます。

残念ながらこのトラブルを回避する方法は存在しません。

海外引越しで失敗しない裏技情報
ブックマーク
このページに言及している他のブログ記事 - トラックバック(0)

このページのトラックバックURL: