1. 現在位置 :
  2. 海外引越しのエコノムーブジャパン トップ >
  3. 1-3 ミニマム取り扱い容積

1-3 ミニマム取り扱い容積

引越し会社にはミニマム取り扱い容積があります。一般的には作業員がお伺いする作業込みサービスの場合には3立方メートル〜5立方メートルがミニマム取り扱い容積となっている場合が多いです。

従いましてそのミニマム取り扱い容積より荷物が少なくなっても料金は下がらなくなってしまいますので、せっかく荷物を例えば2.5立方メートルまで小さくしたのにミニマム料金3立方メートル分を取られたので、容積をそこまで小さくする必要はなかった、、とかいうことが無いように、当日作業員に効率よく送ることができる荷物量を聞きながら荷物の準備をすると良いです。

上記1?1でも説明していますが、当日作業員が荷物量の見込みを立てることはとても重要なポイントとなります。それを実現させるためには作業員の熟練度が要求されます。海外引越し会社を選ぶポイントは、現場作業員の熟練度は大切な要素なのですが、こればかりは何回も引越しするものではないので、事前に作業員の熟練度を知ることは難しいです、、ですからより良い海外引越し会社を選ぶことは難しいのです。

海外引越しで失敗しない裏技情報
ブックマーク
このページに言及している他のブログ記事 - トラックバック(0)

このページのトラックバックURL: