1. 現在位置 :
  2. 海外引越しのエコノムーブジャパン トップ >
  3. 1-1 外容積と内容積

1-1 外容積と内容積

価格上のトラブルを防ぐためには、まず海外引越し料金の算出方法を理解しておく必要があります。

日系海外引越し会社の殆どは容積(立方メートル単位)計算によります。その容積とは外容積(グロス容積とも呼びます)による計算であり、内容積(ネット容積とも呼びます)とは異なります。水のような液体であれば内容積=外容積となり密度つまりデンシティー(Density)100%となっているのですが、引越し荷物の場合、いろいろな大きさのものがあり、且つ船会社は梱包されたもの一つ一つをバラバラで受け入れはしてくれないので、一つの大きな外装ケースに入れて船会社に引渡しする必要があります。つまりその箱の厚みとか底部パレット部分の高さ、そしてもちろん箱と箱の間にできる隙間部分も外容積には組み入れられることになります。

家族単位での引越しであれば殆どの場合において事前の下見をすることが必要ですが、その下見の際に必ず外容積で容積を見てもらうことが大切です。荷物内容の組み合わせによりますが、内容積×125-135%(外/内比率)が外容積になってきますので、外容積で容積把握しておくことが大切です。外/内比率はお荷物の形の組み合わせ内容によって変化があります。下見の時に内容積で見積もりしてもらい、請求の時に外容積で計算されたら、容積が少なくとも料金が25%アップしてしまうことになります。ですから下見の時に外容積で計算した容積で引越し業者から見積もってもらうことが必須条件となります。

最終の正しい外容積を知る方法は、船荷証券を引越し会社に頼んで見せてもらうことです。(船荷証券は、荷物を積んだ本船が出港した後に発行される書類ですから、引越し作業後10日ほど経過しないと入手できないのですが、、、)船荷証券を見せてくれない引越し業者が存在すると聞きますが、そのような海外引越し業者は要注意です。正しい容積による金額請求に疑問が残ってしまいますので。

海外引越しで失敗しない裏技情報
ブックマーク
このページに言及している他のブログ記事 - トラックバック(0)

このページのトラックバックURL: