1. 現在位置 :
  2. 海外引越しのエコノムーブジャパン トップ >
  3. 検索結果

検索結果

オーストラリアへ犬を送る際のエールリッヒャ血清検査
2016年4月以降、オーストラリアへ犬を送る際の対エールリッヒャ血液検査が日本側でできなくなり、検査のため海外へ血清サンプルを送って対応する必要があったのですが、当該検査を実施するための検査キットの調...続きを読む
カテゴリ : 新着情報一覧
ペットの引越し(カナダ)
カナダの場合でも考え方の基本は、アメリカ本土と同様となります。狂犬病予防注射、ワクチン接種、マイクロチップ挿入等の簡単な事前処置で送ることができます。 日本は狂犬病の発生がない国としての登録ですから、...続きを読む
カテゴリ : ペットの引越し(国別条件)
ペットの引越(ドイツ)を追加しました
欧州へ、小型犬を同じフライトのペットインキャビンで運ばれたお客様からの情報です。欧州は、イギリスを除いて全体的にシンプルな国が多いです。しかし、ペットの送り方については、ドイツが簡単だったからというこ...続きを読む
カテゴリ : 新着情報一覧
ペットの引越し(ドイツ)
ドイツにペットを送る方法をドイツ領事館のホームページで見つけました! 先日もお客様が自分でルフトハンザ航空を使い、ペットインキャビン方式で小型犬を本人が連れて送ったのですが、とても簡単であったとの事で...続きを読む
カテゴリ : ペットの引越し(国別条件)
ペットの引越し(アメリカ)
アメリカ(Guam/Hawaiiを除き)、カナダはシンプルです。狂犬病予防注射、5種混合ワクチン、出発前4日以内の獣医さんの健康診断証明、日本側ペット輸出申込書(弊社にてフォーム準備)があれば、送るこ...続きを読む
カテゴリ : ペットの引越し(国別条件)
ペットの引越し(シンガポール)
従来は必ずシンガポールへ到着してから30日間の係留が必要でしたが、日本側で30日間予防接種後に問題なく、且つ書類が揃っていれば現地での係留必要がなく、フライト到着後2-3時間でペットを受け取ることが可...続きを読む
カテゴリ : ペットの引越し(国別条件)
ペットの引越し(ニュージーランド)
到着してから10日係留が義務付けられています。(2011年5月以降、30日係留⇒10日係留に法令変更となっています)日本に6ヶ月間以上在住/出生以来日本に在住/NZから輸入マイクロチップ挿入...続きを読む
カテゴリ : ペットの引越し(国別条件)
ペットの引越し(オーストラリア) 
朗報!!カンタス航空が2016年12月16日以降成田⇒メルボルン直行便を開設します。(経由便を使う必要が無くなります) オーストラリアへ犬を送る際のエールリッヒャ血清検査 2016年4月以降、オースト...続きを読む
カテゴリ : ペットの引越し(国別条件)
ペットの引越し(イギリス)
2012年1月以降、日本からのペット輸入に関しては制度が緩められました。イギリスに入国時に係留期間は基本的に必要なく、且つ従前必用であった採血⇒狂犬病抗体検査も必要がなくなっています。準備内...続きを読む
カテゴリ : ペットの引越し(国別条件)
ペットの引越し(海外輸送) 
ペット送付(犬及び猫)特に犬については、短鼻犬(パグ等)は航空会社が受託してくれませんので、お気をつけください。また、土佐闘犬についても世界中の国々へ送ることが禁じられていますのでご注意ください。ペッ...続きを読む
カテゴリ : サービス